セレーナ ゴメスがインスタで衝撃告白!難病のため「腎臓移植を受けていた!」

IMAGE:SPLASH NEWS




インスタグラムフォロワー数で世界一の歌手セレーナ・ゴメス(25)が自身のインスタグラムで腎臓移植を受けていたとを告白。

セレーナは「Lupus(ループス)」と呼ばれる全身の臓器に原因不明の炎症がおこる難病をかかえており、8年ほど前からの友人である女優フランシア・ライザの腎臓を移植したことを明らかにしました。

病院のベッドに友人と一緒になっている写真がまたたく間に共有され、最初の1時間で150万人の「」を集めました。

彼女は次のように書いています。「私のファンは、夏の間は寝ていて、私の新しい音楽を宣伝していないのか?と疑問を感じていたと思いますが、私は私の「Lupus」のために腎臓移植を受ける必要があり回復につとめていました。」

「ジャスティン・ビーバー:ネバーセイネバー」ロサンゼルスプレミアにての彼女たちのショット2011年2月8日

Embed from Getty Images

ロサンゼルスthe Unlikely Heroes’ 3rd Annual Awards Dinnerでの彼女たちのショット2014年11月8日

Lupus(ループス)はどんな病気か:日本病名で全身性エリテマトーデス(SLE)は、細胞の核成分に対する抗体を中心とした自己抗体(自分の体の成分と反応する抗体)が作られてしまうために、全身の諸臓器が侵されてしまう病気です。よくなったり悪くなったりを繰り返し、慢性に経過します。1万人に1人くらいが発病し、とくに20〜30代の女性に多く、男女比は1対10です。
多くの臓器が侵されるため臨床所見も多彩で、関節症状、皮疹(蝶形紅斑(ちょうけいこうはん)、円板状(えんばんじょう)紅斑)、中枢神経病変、腎障害、心肺病変、血液異常などがみられます。とくに、中枢神経病変、腎障害があると命にかかわる危険性が高くなります。
https://health.goo.ne.jp/medical/10T10100より
セレーナゴメス

昨日のNYFW 画像:http://www.splashnews.com/ 

セレーナ・ゴメスとフランシア・ライザは定期的に一緒の時間を過ごしています。

セレーナゴメスとフランシア・ライザ

画像:FLYNET PICTURES

セレーナ「最後に、私の美しい友人フランシア・ライザにどのようして感謝できるかを説明する言葉はありません。彼女は私に腎臓を寄付することによって、私に究極の贈り物と犠牲を捧げました。 “私は信じられないほど祝福されています。私はあなたのことをとても愛しています。この病気は誤解されていますが、進歩が続けられています。」