インスタグラムの撮影と基本項目の入力・編集について【超入門】

インスタグラムのロゴマークアイコン




ここではインスタグラムの撮影から投稿するまでの基本項目の編集をする方法、ハッシュタグの使い方、位置情報についてをわかりやすく簡単に解説していきます。
◇まだインスタグラムアプリをインストールしていない方はこちらをどうぞ↓

インスタグラムのロゴマークアイコン

インスタグラムの始め方・登録方法・初期設定【超入門】

2017年8月29日

写真の撮影から基本項目の入力設定について

Instagramインスタ画像
インスタグラムのアプリを登録したらさっそく写真を撮ってみましょう。

撮影方法

インスタグラムで撮影するには、まず一番下にある5つのボタンの真ん中をタップしてカメラを起動する画面に切り替えます。

 

インスタ投稿画面

 

起動する画面に切り替えたら、画面下のライブラリ・写真・動画と3つある中の「写真」をタップするとスマホに搭載されているカメラ機能が起動し撮影をすることができます。

撮りたいものが決まったらシャッターボタンをタップして撮影をしてみましょう。

 

インスタ投稿画面

 

  • フラッシュ:暗い場所でも明るく撮ることができます。
  • カメラ切り替え:内側、外側の切り替えです。自撮りをする場合などは内側にカメラを切り替えます。
ライブラリでは過去に撮った写真を選択することができます。撮りたい写真が無かったらお気に入りの写真を使って進めましょう!

 

写真の編集

インスタフィルター

 

写真を撮ると画像の下にNormal・Clarendon・Gingham・Moonなど写真の雰囲気を加工することのできる「フィルター」と呼ばれる項目が出てきます。このフィルター機能は撮った写真を自分の好きな雰囲気に変えることがでます

 

インスタ編集画面

 

つづいて「編集」という項目では写真の明るさや彩度、傾き、影などを調整することができます。また、編集をしみて「やっぱり元の写真に戻したい!」という場合は画面左上の「」をタップして「破棄」を選択すると元の写真に戻すことができます。

「フィルター」や「編集」の機能をうまく使う事で普通に撮影した写真を自分だけのオリジナリティある作品に仕上げることができます。たくさん撮影していろいろな機能を試してみましょう。もちろん編集などせずにそのまま写真を投稿するのもいいでしょう。

 

キャプション・ハッシュタグ・タグ付け・位置情報の説明

写真のフィルターや編集での加工が完了したら右上の「次へ」をタップします。

インスタグラムで撮影したものの説明

 

すると、キャプション(コメント)とタグ付け位置情報という画面が出てきます。

 

インスタキャプション画面

 

キャプションの書き方 #ハッシュタグの使い方・意味

キャプションは写真の説明文です。何も記入しなくても問題ありませんが、記入することで見た人に写真の状況を伝えることができます。また「#(ハッシュタグ)」を使うことで自身の投稿した写真を日本中または世界中に広めることができます。

(例)キャプション(コメント欄)に文章とハッシュタグを記入してみました。

ハッシュタキャプション説明

 

ご覧のように、ここではキャプションに普通の文章に加え「#沖縄 #沖縄旅行 #綺麗な海 #夏休み #summer #sky #okinawa」とハッシュタグを付け投稿してみました。

 

投稿すると以下のようになります。

 

インスタハッシュタグ説明

 

ハッシュタグを付けたことによって「いいね!」がすぐに付きました。

さらに投稿した写真のハッシュタグ(#沖縄旅行)をタップすると同じハッシュタグの付いたユーザーの投稿写真を見ることができ、自身の投稿された写真も一覧に表示されます。

 

インスタハッシュタグ一覧

 

#ハッシュタグをさらに詳しく

インスタグラムは文字ではなく写真をメインとしたSNSアプリなので情報を検索するのが難しくなります。そこで使われるのがハッシュタグ(#)です。この「ハッシュタグ(#)」は自身の写真を分類する「ラベル・キーワード」的なものになります。このハッシュタグを使って投稿することで、同じハッシュタグの付いた一覧にリンク(連結)され、他のユーザーがインスタグラム内で検索したとき自身の写真もそこに表示されます。また、インスタグラムでは長いコメントは好まれないためハッシュタグをうまく活用しすっきりとした投稿にします。

ハッシュタグ

インスタグラムでのハッシュタグの付け方・最適な使い方とは?

2017年10月2日
ハッシュタグ「#」は必ず半角で入力し、ハッシュタグと説明文の間は半角スペースを入れてください!そうしないと動作しなくなりハッシュタグの意味がなくなります。またハッシュタグは30個までしか付けられません。

 

タグ付け

投稿する写真に自分以外のユーザーが写っているときや関係しているときに使います。人物のタグ付けをできるのは投稿した本人のみで、人物のタグ付けをすることによって、写真には誰が写っているか、関係しているのは誰か、というのをその人や他のユーザーに知らせることができます。

 

位置情報

インスタ位置情報

 

インスタグラムの投稿には位置情報(スポット情報)を付けることができます。位置情報の記入は自由です。

 

[投稿例]

インスタ位置情報

 

位置情報付きで投稿すると上の投稿例(沖縄本島上空)のようにユーザー名の下に撮影した場所が表示されます。さらにその場所名(沖縄本島上空)をクリックすると下のようにグーグルマップで場所の位置と同じ位置情報を使ったユーザーの投稿が表示されます。

 

インスタ位置情報

いろいろなスポットで写真を撮って位置情報を付けて投稿してみましょう。同じスポットで投稿したユーザーに「いいね!」してもらえるかも!

まとめ

以上、インスタグラムの撮影から投稿するまでの基本項目の編集をする方法、ハッシュタグの使い方、位置情報についてを解説いたしました。ただ写真のみを投稿するだけでなく、ハッシュタグや位置情報を使用すればインスタグラムの特徴が出ます。これまで解説したことを参考にぜひインスタグラムを楽しんでください。